製品&サービス
AP-Vision/21について
AP-Vision/21について
ソリューションサービス
システム開発
コールセンター
概要その他機能導入事例新機能デモお申込み
はじめにコンセプト目標特長システム領域(小売業本部・流通卸売業・小売卸併設)
AP-Vision/21モジュール構成図AP-Vision/21.NET環境AP-Vision/21.NET リッチクライアント

*AP-Vision/21 リッチクライアント (稼動環境と最新技術)
AP−Vision/21.NETにおける リッチクライアントシステム
AP-Vision/21.NETは3階層(3Tier)システム構成で、クライアントにはリッチクライアントを採用しております。

リッチクライアントとは
クライアント変遷
 クライアントサーバシステムが誕生して、クライアントにパソコンが導入され始めた時点では、まだクライアントという用語しか使われていなかった。
 その後、「サーバベースコンピューティング」という考え方が登場し、パソコンからハードディスクなどを取り除いたネットワーク端末が製品化されると、 これらの端末は「シンクライアント」と呼ばれるようになり、従来のパソコンは「シン(thin)クライアント」に対して「ファット(fat)クライアント」と呼ばれるようになった。
 さらに、インターネットが普及してくると、Webアプリケーションの観点から「HTMLクライアント」という言葉が使われるようになった。 しかし、従来のクライアントサーバシステムのクライアントと比べた場合、HTMLクライアントは

  ■ ファンクションキーが使えない
  ■ データ入力の生産性が低下する
  ■ レスポンスが悪い
  ■ ローカル資源が使えない

といった弊害が指摘されるようになった。
 なぜなら、HTMLは閲覧・検索・リンクのための言語として登場したものであって、業務プロセス処理や高度な表現力を実現するために登場した言語ではなかったからである。
 そこで、こうした課題をクリアするために登場してきたのが「リッチクライアント」である。

オープンシステム クライアントの推移
リッチクライアント
 リッチクライアントとはファットクライアントの操作性とHTMLクライアントの管理運用性を併せ持つクライアントである。
 Web サービスを利用することでビジネスロジックを集中管理し、Windows プラットフォームのパワーを100% 活用する機能的な操作性を実装することで、 システム利用者の生産性を最大限に引き出すことができる。
 ノータッチデプロイメント(自動配信)による容易なアプリケーション配布などを通じて高い管理、運用を実現する。

 リッチクライアントの有用性
  ■ クライアントの操作性や視認性の向上(リッチなユーザーインターフェースと表現力)
  ■ パソコン(クライアントのハードウェア)側のリソース活用
  ■ サーバ負荷の削減
  ■ ネットワーク負荷の削減
リッチクライアントの有用性
リッチクライアント採用
 ファットクライアント、シンクライアント、HTMLクライアントは様々な問題点を抱えている。その問題点を解決したのがリッチクライアント技術であり、  『AP-Vison/21.NET』 のクライアントである。

クライアント別問題点
クライアント別問題点
『AP-Vision/21.NET』 のリッチクライアント採用理由比較表
リッチクライアント採用理由比較表
リッチクライアント採用理由比較ポイント
 リッチクライアントは画面表現(リッチ)と操作性に優れ、管理コスト(TCO)、ネットワーク負荷、サーバ負荷の低減となる事から、 AP-Vision/21.NETはリッチクライアントを採用しています。また、.NET Framework基盤により、システムの拡張性が高くなります。

リッチクライアント 技術
リッチクライアント技術分類
.NETベース
 AP-Vision/21.NETは、.NET Framework上で動作するWindowsフォームを提供することで、リッチクライアントを実現している。 .NET Frameworkは特定の言語に依存しないので、WindowsフォームではVB.NET、C++、C#、J#などの言語を利用し、 40種類以上のコントロールとAP-Vision/21.NET専用クラス(自社開発のグリッドコントロール組込み)を 駆使しながらリッチクライアントアプリケーションを作成できる。また、ノータッチ・デプロイメント機能(自動配信)により、 クライアントアプリケーションのダウンロードと起動も容易に行える。

リッチクライアントシステム構成
 リッチクライアントの基本的な構造を図に示します。基本的には、ブラウザベースのシンクライアントを使う多層モデルと同じような構造を持っています。 (3階層モデル)しかし、クライアントはブラウザではなく、マシン上で直接実行される GUI アプリケーションであり、Web サーバーとは Web サービスを使ってデータを交換します。

システム構成
前のページへ ページの先頭へ