情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針 isms_jipdec-n

 株式会社ホロン(以下、当社といいます)は、「全体と個の調和と融合」をモットーに、情報サービス産業に携わるものとして、お客様のシステムやデータ等の情報資産ならびに当社の経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護することが、重要な社会的責任であると認識し、この責任を果たして行くために、以下に掲げる情報セキュリティ基本方針を定め、これを見直すことによって継続的に改善し、運用しております。
 当社の役員および従業員は、この方針に従って、情報資産の適切な保護に務めることを義務付けられています。


1.情報セキュリティマネジメントシステム構築、運用の目的
 当社は、お客様及びパートナー様から、情報セキュリティに関する信頼性を確保するために、情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、継続的に運用します。


2.情報セキュリティ対策への取組み
 当社は、情報セキュリティ対策を事業上の最重要課題の一つとして認識し、全社を挙げてこれに取組みます。


3.リスクマネジメントの実施
 当社は、リスクアセスメントについて体系的な取組み方法を確立し、保護すべき情報資産に対して機密性、完全性、可用性を喪失させるリスクを識別し、その影響度を評価した上で、合理的なリスク対応策を講じます。


4.社員への教育、啓蒙
 当社は、役員、従業員、協力会社社員に対し、情報セキュリティに対する意識の向上と、情報資産保護に必要な知識やルールの習得を目的に、教育や啓蒙を行います。


5.法的要求事項等の遵守
 当社の役員、従業員、協力会社社員は、情報セキュリティに関連する法令、諸規則、契約上の義務および社内規定を遵守するものとし、違反した場合にはその過失度合いに応じて、就業規則等に基づき罰則を適用します。


6.事故予防と発生時の対応
 当社は、上記の活動を継続的に実施し、情報セキュリティ事故の発生予防に努めるとともに、情報資産に関する事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。


制 定 日 2005年10月 3日
改 定 日 2014年 3月16日
株式会社ホロン
代表取締役 小泉 登



以 上