製品&サービス
AP-Vision/21について
AP-Vision/21について
ソリューションサービス
システム開発
コールセンター
概要その他機能導入事例新機能デモお申込み
はじめにコンセプト目標特長システム領域(小売業本部・流通卸売業・小売卸併設)
AP-Vision/21モジュール構成図AP-Vision/21.NET環境AP-Vision/21.NET リッチクライアント

*販売物流基幹業務システムパッケージ「AP-Vision/21」の特長
AP-Vision/21の特長(柔軟性) お客様毎の個別要件に柔軟な
「ソフトランディングツール」
  • モジュール構成になっているため、必要なモジュールをフリーセレクト(SOA思考)
  • 各種のコード、桁数、セグメント等の自由設定
  • 物流機能では、クライアントの設置の場合も物流システムとのデータ連携の場合も対応が可能
    (摘み取り型ピッキング、種蒔き型ピッキング、出荷検品の機能があり、ASN/SCM対応も可能)
  • 内部統制として各種業務処理の申請、承認対応やログ管理、入力コードの権限設定が可能
  • 店舗BO業務は店舗取引形態に応じてリッチクライアント運用、モバイル運用等が可能
AP-Vision/21の特長(信頼性) 豊富な導入実績に裏打ちされた
「安心サポート」
  • 全国200社を超えるAPシリーズ導入実績
  • 安心オンラインサポート(コールセンター開設とRASサポート)
  • 運用時のSE保守サポートメニューの充実(コールセンター365日対応)
  • システム資産の継承性(Windows、UNIX、.NET C#、ORACLE等の標準的インフラの採用)
  • 信頼性の高いデータベース(ORACLEの採用)
  • 充実したセキュリティ機能(パスワード管理、ログ管理 等)
AP-Vision/21の特長(徹底した商品管理) 商品管理の徹底による強い
企業への「体質変換ツール」
  • 在庫責任体制の徹底
  • 倉庫・場所、棚番での在庫ロケーション把握による効果的在庫管理
  • 在庫バランスの把握による機会損失の低減
  • 単品レベルまで管理可能な粗利、総利益管理
  • 単品レベルでの入出荷履歴、入出荷予定の把握
  • 商品属性別の各種実績管理
  • 商品コード体系の融通性による適正レベルでの商品管理
  • 受注〜出荷指図〜出荷〜検品の多段階サポート
  • 仮発注〜発注〜引取指図〜入荷〜仕入の多段階サポート
  • 店舗、預り、借入、貸出、振替等の機能により様々な在庫管理
  • 各種配分・補充機能により、店舗・得意先の商品管理の最適化
    (MD,バイヤーの業務負荷軽減・適正在庫の維持)

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ